Posts Tagged ‘イエス様、クリスト教会、YWAM-Angola’

とりなしの祈りの結果. 創世記1:26-28; 9:1

Ⅰ.祈りの種類

a)    求める祈り―あなた自身のために祈る

b)     感謝の祈り

c)      賛美の祈り―神がどのような方かを宣言する

d)     礼拝の祈り―賛美をこえたもので、礼拝は生ける神への感謝の応答で、人々をへりくださせるもの

e)     とりなしの祈り

Ⅱ.とりなしの祈りとは何か?

a)     他の人のために祈る

b)     聖霊の導きによって祈る ローマ8:26,27

c)     現状に応じて祈る

d)     城壁の裂け目に立つ

–       神と人の間  創世記 18:17-23

–       神と都市、神と国家の間 出エジプト32:7-14; 1 サムエル 7:5

–       悪霊と人との間 エペソ6:10-18; ヤコブ4:7

–       サタンと都市、サタンと国家の間 エゼキエル22:30,31; イザヤ59:16

–       サタンと教会の間 マタイ18:18-20

e)      犠牲が伴う働きであり、よく軽視されがち イザヤ63:5

–       不信仰

–       何かをあきらめることが求められる

–       両者の間の橋になることが求められる

–       時間管理の欠如、怠惰

–       不従順、自己中心

「とりなしの祈りを緊急時のみに行うものと考えず、日ごろから優先して行いなさい」

f)      緊急に必要な働き

g)     人から見えない働き

Ⅲ.とりなしの祈りの結果

a)     神にとっては: 神の御手を動かす  出エジプト32:12; エレミヤ18:8

b)     他の人にとっては(祈りの対象である人にとっては): 魂を勝ち取る上で、最も効果的な手段

c)     私たちにとっては: 神を深く知る手段

–       神の友となれる アモス3:7

–       私たちに力を与える イザヤ40:31

–       内省的思考や自己憐憫から守ってくれる

–       本物のしもべにしてくれる

神に用いられる人なら、だれもがとりなし手 ヘブル7:24,25; ローマ8:24; イザヤ53:12

 Ⅳ.とりなし手になる方法

  •  とりなし手になりたいという願い  ネヘミヤ1:15
  • 決意
  • 自己鍛錬. 1テサロニケ5:17
  • 今を生きる (今日)
  • 罪を告白し、悔い改める
  • とりなし手として、神に啓示を求める
  • 祈られる人に、あなたが祈っていることを知ってほしくない場合は、とりなすべきではない。
  • 聖霊に導かれ、支配される  ヨブ11:13-15; 詩篇24:3,4

 Ⅴ.だれのためにとりなすべきか?

a)     政治指導者・政府高官のために 1テモテ2:1,2

b)     クリスチャンリーダーのために 2テサロニケ3:1; エペソ6:18,19; コロサイ4:3

c)     新たに救われた人のために ガラテヤ4:19

d)     家族のために 1テモテ5:8; エペソ3:14,15

e)     隣人のために  使徒10

f)      私たちの都市、国家のために  エレミヤ29:7

g)     キリストを知らない人々のために

h)     教会のために ヨハネ17:9

i)      敵のために(イライラする人のために) マタイ5:44

j)      クリスチャンが全く存在しないか、少数しかいない国のために 詩篇2:8;24:1

k)      迫害下のクリスチャンのために(10/40 の窓)  1コリント12.26; ガラテヤ6:2; ヘブル13:3

l)      異端、特定の人々のために(同性愛者、無神論者…)

 とりなしの祈りは、神の心についてより大きな視野を与えてくれる。

 VI.とりなしの祈りの基本原則. 2コリント7:14; イザヤ62:6, 7; エゼキエル22:30, 31; エレミヤ33:2,3

a)      心を探る  詩篇66:18; 139:23,24; イザヤ59:1,2  エレミヤ17:9,10

b)     どのように祈るべきか、自分ではわからないことを認める ルカ16:10-14; ローマ 8:26

c)      自分の身勝手な考えは無視する(自分の想像、願い…) 箴言3:5,6; 28:26; イザヤ55:8,9; 2コリント10:3-5

d)     聖霊の導きを求める エペソ5:18; 6:18; ヨハネ16:13; コロサイ1:9; 1コリント2:10; ローマ8:26,27

e)      悪魔に対抗する ヤコブ4:7; エペソ6:11; 4:26,27; 1ペテロ5:8,9; ルカ10:18,19; マルコ16:17

f)      神が語ってくださったことはすべて、信仰によって感謝する ヘブル11:1,6; 1ヨハネ5:4

g)     神がとりなし祈るように示すことを期待して、静まって、待つ ヨハネ10:4,27

h)     祈る時はいつも、聖書を手元に用意する。神がみことばを語るかもしれないから。

VII. 小グループでとりなしの祈りをするためのいくつかの提案.使徒2:1-4; 4:23, 24, 31

  1. シンプルで短い文章で祈る
  2. ひとりひとり祈る
  3. 声に出して、はっきりと祈る
  4. 皆に祈る機会を与える
  5. 毎回ひとつの祈り課題を祈る

 

レネ アントニオ オリヴェイラ ズィンガ

アジアで天幕製造人

参考

 

Inacio Canenda da Costa, Intercession, Discipleship Training School-YWAM, Lobito, 2001 (ポルトガル語)

http://www.xenos.org/essays/worship.htm