Archive for the ‘クリスチャンになかった。’ Category

祈ることをやめないでください

ルカ18:1-8; 1テサロニケ5:17

イエスさまが語ろうとする内容は、たとえの最初の部分から明確です。1節「いつでも祈るべきであり、失望してはならない…」

祈ることに飽いてはならない

ここでイエスさまは、神さまと不正な裁判官を比べています。しかしここで比べると言っても、両者を対等に比べている訳ではありません。不正な裁判官は、やもめの度重なる訴えがうるさくて仕方なく、判決を下しました。それよりもはるかにすばらしい存在として、神さまは描かれているのです。

7節「まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。」

 神と不正な裁判官の違い

–       2節 裁判官は神を敬わず、人を人とも思っていませんでした。

–       神は人類から恐れられるにふさわしいお方です。同時に神は、たとえ人が間違えた判断をしたり、創造主に従わないことを選んでも、人の意志を尊重します。

–       5節 裁判官が女性に答えた動機は、彼女がうるさくて仕方がないから。

–       7-8節 神は神の時に問題に関わってくださいます。神は、夜昼神を呼び求める選民のすぐ傍に喜んで来てくださる方です。

1.   祈りとはなにか?

簡単な定義は: 祈りは意図して神にメッセージを伝えること

神に伝えるメッセージとは:

a)    求めることできる(求め・懇願)。マタイ7:7

b)    神を賛美し、礼拝できる。詩篇145:2,3

c)     神がくださったものや、行なってくださった業に感謝できる。黙示録11:17

d)    罪を告白し、主に謝ることができる。詩篇32:5

e)    主に不平を言うことができる。詩篇142:1,2

確かに、不平を神に言うべきではないことはわかってはいます。しかし時に、私たちの心は、神が与えた状況に不平を言いたくなります。神はこの状況をご覧になっていないと考えるよりも、意識して神に思いをぶつける方が良いでしょう。不満はないという振りをするのは、偽善であり、そうすると次第に偽善的で、表面だけの不自然な人になってしまいます。

f)    人の代わりにとりなすことができる。 1サムエル2:23、エペソ1:16

2.   どこで、だれとともに祈るか

i)   一人奥まった個人的な部屋で マタイ6:5,6

ii)   家族とともに(毎日)  1ペテロ 3:7

iii)   クリスチャン同士の小グループで マタイ18:19,20、使徒4:29-31

iv)  礼拝で

v)   どこでも、いつでも神に求める 1テモテ2:8

3.   神が全知の方なら、なぜ祈らなければならないのか

a)    神があなたに言われることは:

互いに祈りなさい。いやされるためです。ヤコブ 5:16

絶えず祈りなさい。 1テサロニケ5:17

試みにあわないように祈りなさい。ルカ22:40

あなたをのろう者を祝福しなさい。侮辱する者のために祈りなさい。ルカ 6:28

こう祈りなさい。「天にまします我らの父よ…」マタイ6:9

b)    喜びが増すため ヨハネ16:24

もし今、神さまにある喜びが小さいのならば、もしかすると祈りが少ないことが、原因のひとつかもしれません。求めなさい。あなたの喜びが満ち満ちたものとなるためです。

c)     驚くほど大きな特権だから ローマ11:34-36、ヤコブ 4:2

私が祈ることは、すでに神はご存じです。神さまは神である方です。

祈りが私たちの行うことの中心であるようにと、神は命じています。ヤコブ4:3は「祈らなくても、ともかく何かが得られる。神には計画があり、祈りには意味がない」ということではありません。「あなたがたのものにならないのは、願わなかったからです」の意味は、祈らなければ得られないものを、祈ることで得ることができるというものです。世界で働く神の御業に参加できるという、この特権を無視することは、愚かなことです。

d)  祈りは御父と御子に栄光を帰します。 ヨハネ14:13、2コリント 1:11、詩篇50:15

祈りが答えられる時、神に感謝をささげます。神が力をもって祈りに答えることを求め、神に栄光を帰します。そのために、私たちは祈るのです。私たちはイエス・キリストによって、神のすべてにまさる偉大さを伝え、すべての民に喜びを広げるために、存在しているのです。

人々のために祈りましょう。あなたの心を神に、何度も伝えましょう。あなたが始めたことを、終わりまで忠実に行ってください。

  ズィンガ 礼音

アジアで天幕製造人

Advertisements

とりなしの祈りの結果. 創世記1:26-28; 9:1

Ⅰ.祈りの種類

a)    求める祈り―あなた自身のために祈る

b)     感謝の祈り

c)      賛美の祈り―神がどのような方かを宣言する

d)     礼拝の祈り―賛美をこえたもので、礼拝は生ける神への感謝の応答で、人々をへりくださせるもの

e)     とりなしの祈り

Ⅱ.とりなしの祈りとは何か?

a)     他の人のために祈る

b)     聖霊の導きによって祈る ローマ8:26,27

c)     現状に応じて祈る

d)     城壁の裂け目に立つ

–       神と人の間  創世記 18:17-23

–       神と都市、神と国家の間 出エジプト32:7-14; 1 サムエル 7:5

–       悪霊と人との間 エペソ6:10-18; ヤコブ4:7

–       サタンと都市、サタンと国家の間 エゼキエル22:30,31; イザヤ59:16

–       サタンと教会の間 マタイ18:18-20

e)      犠牲が伴う働きであり、よく軽視されがち イザヤ63:5

–       不信仰

–       何かをあきらめることが求められる

–       両者の間の橋になることが求められる

–       時間管理の欠如、怠惰

–       不従順、自己中心

「とりなしの祈りを緊急時のみに行うものと考えず、日ごろから優先して行いなさい」

f)      緊急に必要な働き

g)     人から見えない働き

Ⅲ.とりなしの祈りの結果

a)     神にとっては: 神の御手を動かす  出エジプト32:12; エレミヤ18:8

b)     他の人にとっては(祈りの対象である人にとっては): 魂を勝ち取る上で、最も効果的な手段

c)     私たちにとっては: 神を深く知る手段

–       神の友となれる アモス3:7

–       私たちに力を与える イザヤ40:31

–       内省的思考や自己憐憫から守ってくれる

–       本物のしもべにしてくれる

神に用いられる人なら、だれもがとりなし手 ヘブル7:24,25; ローマ8:24; イザヤ53:12

 Ⅳ.とりなし手になる方法

  •  とりなし手になりたいという願い  ネヘミヤ1:15
  • 決意
  • 自己鍛錬. 1テサロニケ5:17
  • 今を生きる (今日)
  • 罪を告白し、悔い改める
  • とりなし手として、神に啓示を求める
  • 祈られる人に、あなたが祈っていることを知ってほしくない場合は、とりなすべきではない。
  • 聖霊に導かれ、支配される  ヨブ11:13-15; 詩篇24:3,4

 Ⅴ.だれのためにとりなすべきか?

a)     政治指導者・政府高官のために 1テモテ2:1,2

b)     クリスチャンリーダーのために 2テサロニケ3:1; エペソ6:18,19; コロサイ4:3

c)     新たに救われた人のために ガラテヤ4:19

d)     家族のために 1テモテ5:8; エペソ3:14,15

e)     隣人のために  使徒10

f)      私たちの都市、国家のために  エレミヤ29:7

g)     キリストを知らない人々のために

h)     教会のために ヨハネ17:9

i)      敵のために(イライラする人のために) マタイ5:44

j)      クリスチャンが全く存在しないか、少数しかいない国のために 詩篇2:8;24:1

k)      迫害下のクリスチャンのために(10/40 の窓)  1コリント12.26; ガラテヤ6:2; ヘブル13:3

l)      異端、特定の人々のために(同性愛者、無神論者…)

 とりなしの祈りは、神の心についてより大きな視野を与えてくれる。

 VI.とりなしの祈りの基本原則. 2コリント7:14; イザヤ62:6, 7; エゼキエル22:30, 31; エレミヤ33:2,3

a)      心を探る  詩篇66:18; 139:23,24; イザヤ59:1,2  エレミヤ17:9,10

b)     どのように祈るべきか、自分ではわからないことを認める ルカ16:10-14; ローマ 8:26

c)      自分の身勝手な考えは無視する(自分の想像、願い…) 箴言3:5,6; 28:26; イザヤ55:8,9; 2コリント10:3-5

d)     聖霊の導きを求める エペソ5:18; 6:18; ヨハネ16:13; コロサイ1:9; 1コリント2:10; ローマ8:26,27

e)      悪魔に対抗する ヤコブ4:7; エペソ6:11; 4:26,27; 1ペテロ5:8,9; ルカ10:18,19; マルコ16:17

f)      神が語ってくださったことはすべて、信仰によって感謝する ヘブル11:1,6; 1ヨハネ5:4

g)     神がとりなし祈るように示すことを期待して、静まって、待つ ヨハネ10:4,27

h)     祈る時はいつも、聖書を手元に用意する。神がみことばを語るかもしれないから。

VII. 小グループでとりなしの祈りをするためのいくつかの提案.使徒2:1-4; 4:23, 24, 31

  1. シンプルで短い文章で祈る
  2. ひとりひとり祈る
  3. 声に出して、はっきりと祈る
  4. 皆に祈る機会を与える
  5. 毎回ひとつの祈り課題を祈る

 

レネ アントニオ オリヴェイラ ズィンガ

アジアで天幕製造人

参考

 

Inacio Canenda da Costa, Intercession, Discipleship Training School-YWAM, Lobito, 2001 (ポルトガル語)

http://www.xenos.org/essays/worship.htm

私たちの中でだれひとりとして、自分のために生きている者はなく、また自分のために死ぬ者もありません。

もし生きるなら、主のために生き、もし死ぬなら、主のために死ぬのです。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。

キリストは、死んだ人にっとても、生きている人にとっても、その主となるために、死んで、また生きられたのです。ローマ人への手紙 14:7-9

What’s prayer?
Where or with whom can I pray?
If God is omniscient why should I pray?

“Enlarge the place of your tent, and let the curtains of your habitations be stretched out; do not hold back; lengthen your cords and strengthen your stakes” Isaiah 54:2
Four stakes are described in this sermon:
Communion with God;
Obedience;
Give up (waive);
Commitment to not remove the stakes.

Christianity is relationship with God. We’ll be strong as long as we depend on Him; walking in obedience to His word and being Christians in all we do and everywhere.

“Enlarge the place of your tent, and let the curtains of your habitations be stretched out; do not hold back; lengthen your cords and strengthen your stakes” Isaiah 54:2
How is your tent? What about your stakes? Are they strong enough to protect your tent against the wind?
Four stakes are described in this message:
Communion with God;
Obedience;
Give up (waive);
Commitment to not remove the stakes.

Christianity is relationship with God. We’ll be strong as long as we depend on Him; walking in obedience to His word and being Christians in all we do and everywhere.